株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

マニュアルは改訂してこそ成果が上がる。

マニュアル改訂とは定着した基準を変化に合わせて「進化」させること。

改訂の仕組みを用意する

時代・状況が常に変化しているように、マニュアルもそれに合わせて絶えず改訂していかなければなりません。
現場では常に新しいノウハウが生まれています。それを取り入れ、精度を高めていくことがマニュアルの重要な使命です。

待ちの改訂から攻めの改訂に

必要に迫られて改訂に着手するのではなく、必要性を先取りして改訂することが重要です。
そのためには、社内で取り組まれている様々な活動を通じて情報収集に努める必要があります。