株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

No.89 出会い

Posted on 4月 - 19 - 2017

「春は出会いと別れの季節」
月並みな表現だが、満開の桜を見ると、なぜかこの言葉が思い浮かぶ。
「別れ」のほうは置いとくとして、これまでの人生で様々な「出会い」があった。
マニュアル制作を通じての「出会い」もまたしかり。

私は、校正・校閲、デザイン・レイアウトといった
いわゆるアンカーの仕事をしているため、
クライアントの方とお会いする機会はそう多くない。
しかし、校正後の疑問出しなどで、直接担当者の方とお話することも時にはある。
遠方の方とはお電話で、東京の方は弊社に来ていただくことが多い。

中でも忘れられない方々がいる。
九州の会社の担当者Hさん。50代の男性で、電話のお声はとてもソフト。
私の突っ込んだ質問にも一つ一つ実に丁寧に答えてくださった。
2時間にも及んだ長電話にも関わらず最後までやさしい口調のHさんに、
「声フェチ」の私はすっかり惚れてしまった。
一度お会いしたいと、ずっと思っているが、その願いはかないそうにない。

20代後半の可愛らしい女性のKさん。
一時は、毎週土曜日に弊社の会議室で8時間くらいぶっ通しで
打ち合わせをさせていただいた。
打ち合わせが終わる頃には相当お疲れだと思うが、
いつも元気いっぱいで笑顔を絶やさない彼女は、接客業の鏡だと思った。
「マニュアルの作成に関われてすごくうれしい!」とキラキラした眼で語っていたのが
印象的だった。

これもまた20代の女性で、重職についているOさん。
一人で5人分くらいの仕事をされているのではないかと思うくらい
ハードな毎日を送っている彼女は、とにかく目力がすごい。
打ち合わせをしていても、クルクル頭が回り、相当できる人だと感じた。
彼女とは、二人だけで飲みに行ったことがあるが、小さな身体でどれだけ飲むんだ!
というくらいの酒豪ぶりにびっくり。仕事ができる女はお酒も強いのか……。

マニュアル制作がスタートするたびに、
今度はどんな方と出会えるのだろう、とワクワクする。
これもまたマニュアル制作の楽しみのひとつである。

Categories: 制作現場から