株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

2016年も残すところあと半月あまり。
テレビや新聞などで、今年一年を振り返る番組や記事を目にすることが
多くなってきました。

では私にとっての一年は……。
私事では、特に大きな事件もなく、至って平穏無事な一年でした。
翻って仕事の面では、新聞の新文字の作り方マニュアルや
革靴(パンプス)製造マニュアルなどの制作に携わったことが
大きく印象に残っています。
いわゆる「職人」と言われる方の長年培ってきた技を集大成したマニュアルです。

例えば接客系の仕事であれば、マニュアル制作に入る前から、
ある程度どんな仕事なのか想像がつきます。
客として彼ら彼女らの仕事に接していますから……。
けれども、新聞の新文字や革靴は、これまで身近にあって毎日目にしている物ですが、
どうやって作るのかなどは全く知らないことでした。

よく、俳優さんが「演じることで別の人生を経験できる」と口にしますが、
私も様々なマニュアルづくりを通じて、これまでいろんな仕事を擬似経験してきました。
マニュアルが完成する頃には、「私も明日からこの仕事に就ける」
という気持ちになったりします。
ただ、新文字作成や靴づくりは、さすがに明日からできるかと言われても、まずムリでしょう。
でも、職人の世界をひと時でも体験できたのは、非常に楽しく有意義なものでした。

もうひとつ、最近の出来事ですが、あるお客様からこんな言葉をいただきました。
「このマニュアルは○○(会社名)の宝です。納品された日はあまりに愛おしくて、
枕元に置いて就寝しました(笑)」
今年お客様からいただいた中で一番感激した言葉です。うれしく泣きそうになりました。
完成するまで何度も打合せを重ね、かなり時間も労力も費やしたマニュアルですが、
この言葉で苦労も吹き飛びました。

来年もまた、こんな素敵な言葉をいただけるよう、
マニュアル制作にまい進してまいります。

Categories: 制作現場から