株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

今、ある企業の「災害対策マニュアル」の改訂の仕事に関わっています。

この企業は危機管理の意識がとても強く、もう何年も前から
こうしたマニュアルの作成・改訂を繰り返しています。
先の東日本大震災の際に、マニュアルが役立ったことは言うまでも
ありません。けれども、未曾有の大震災だったため、想定外のことも
多かったとのことです。

そこで、今回の改訂では、各部署から震災時及び震災後に実際に行った
具体的な対応業務を集め、それをマニュアルに修正・加筆しています。
備えあれば憂いなしと言います。災害が起きたときに、より具体的な
現場で使えるマニュアルづくりを心がけて制作に臨んでいます。

けれども、マニュアルは使ってこそ価値があるものですが、
こと災害マニュアルに関してだけは、実際に使われるようなことが
起きてほしくないな・・・という複雑な心境です。

2011.08.17

Categories: 制作現場から