株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

突然、クライアントに呼ばれた。
なぜか、ものすごく丁寧なお呼ばれをされて、何かある!と思った。

案の定、通常ならどうしたって2週間は見るべき仕事を、
「3日で!」と頼まれた。初めての経験だった。

■今までの自分■
3週間で!…お任せ下さい。完璧にします。
2週間で!…お任せ下さい。納得のいくものにします。
10日で!…いやぁ~、これは相当厳しいですが~なんとか~
7日で!…お気持ちは分かりますが、正直厳しいところが~
3日で←(未知の領域)

なぜ、そんな急になったのかの事情を聞いてみつつ、
自分の中であることに気がついた。
確かに事情に耳は傾けていたが、頭の中では「その3日で何を
どこまでやりきるか?」の作戦を立てていた。

良いか悪いかは別にして、私、未経験の事にぶつかると、
前後の事情・経緯など考えないで「これからどうするか」のみを
考える性格のようです。

制作サイドの獅子奮迅の働きがあり、結果オーライ。
よかったです。

2011.04.21

Categories: 制作現場から