株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

No.111 マニュアル塾

Posted on 2月 - 19 - 2019

以前にもご紹介したが、弊社でのマニュアル制作は、
大きく分けて、2通りの制作方法をとっている。
1つは、クライアントの皆さんに原稿を書いていただく方法。
これは、まず弊社がマニュアルを理解するためのキックオフ研修、
続いて実習を含めた作成方法の研修をした後、
原稿作成に取りかかっていただく。

もう1つは、クライアントの皆さんとのミーティングや打合せに基づき、
弊社のメンバーが原稿を作成する方法。

作成した後は、どちらの場合でも、ほとんどのクライアントさんで
活用のための研修、改訂のための研修を行っている。

私はいま、マニュアル屋さん(弊社代表)の指示のもと、
これまでのマニュアル作成・活用・改訂の研修で使った教材を再編集し、
デザインも一新した教材(スライド・テキスト)づくりに注力している。
というのも、弊社では今年の5月から
「マニュアル塾」をスタートする予定にしているからだ。

これは、マニュアル屋さんが講師を務め、
彼がこれまで長年培ってきたマニュアル作成・活用・改訂のノウハウを
惜しみなく徹底してお伝えしようというものである。
広い会場で、2~3時間の講演というスタイルではなく、
少人数が対象で、何回かに分けた講座というかたちをとり、
ひざとひざを突き合わせて行うというもの。
学習塾でいえば、いま流行りの個別指導塾に近いかもしれない。

乞うご期待……。

Categories: 制作現場から