株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

No.97 穴埋め問題

Posted on 12月 - 18 - 2017

先日大改訂を終えたマニュアルのドリル作りが始まった。

3年前の第1版のときもドリルを作ったが、
その時はとにかくマニュアルを読んでほしいという目的があったため、
正しい語句や文章を記述する問題が9割だった。
もちろん、隣にマニュアルを置いて、
該当箇所を見ながら書き入れてもOKというやり方だ。

今回は、マニュアルがスタッフ内にかなり浸透したため、
記述式は大幅に減らし、穴埋め問題を中心にして、
別枠の語句から選択するような問題にしてほしいという先方の希望をいただいた。
今度はマニュアルを閉じて、理解したかどうかを試すためのドリルという位置づけだ。
選択語句に関係のない語句を混ぜるというのであれば、
その語句を考えるのが一苦労だが、そこまで難しくせずに
必ず当てはまる語句だけにしてほしいとのこと。

ドリル作成は、まずマニュアルをあらためて読み込むことからスタートする。
もちろん、マニュアルづくりに最初から関わっていたため、
内容はかなり頭に入っている。しかし、ドリルづくりとなると
膨大な内容から特に理解・習得してほしい項目を選び、
さらに大切な語句を厳選して穴埋め問題にしていかなければならない。
見当違いの語句を空欄とするわけにはいかない。
先方との打合せを通じての意思の疎通も大切だ。

こうして私にとっては楽しいドリルづくりが始まったわけだが、
ひとつだけ困ったことが出てきた。
大好きな読書をしている際、穴埋め問題にするならここが空欄になるな、などと
つい余計なことを考えてしまい、なかなかページが進まなくなってしまったのだ。
これもひとつの「職業病」というのだろうか……。

Categories: 制作現場から