株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

魔法の言葉

Posted on 1月 - 28 - 2016

何事もそうだと思うが、地道にコツコツ、粘り強く前に進めることが、
何かを実現・達成するための近道。まさに、「継続は、力なり」である。
「マニュアル」においても、そうである。
特に、作成した後の活用、そして、改訂は長期戦になるから、
「何としてでも!」という覚悟と思いが継続させる力となるのだ。

この長期戦の主役は、マニュアルプロジェクトの主管部署であり、
プロジェクトの事務局を担当している人になる。
しかし、何といっても重要な役割を果たすのは、トップの存在である。
トップが何を考え、何を重視しているのか、どうしたいのか、
などを皆は知りたがる。これは当たり前の話である。
だから、トップが「マニュアル」に感心・熱意がないとわかると、
皆一斉にトーンダウンしてしまう。
逆に、「マニュアルは重要だ」「マニュアルで業務改革だ」
などと熱弁を振るえば、嫌々ながらも前に進んでいく。
中小企業ほど、この傾向は強い。
トップの気持ち次第で、右に左にと揺れ動く。
「経営者には、ブレない軸が必要だ」などと巷では話題になっているが、
逆に言えば、話題になるほどブレブレの経営者が多いということだ。
しかし、面白いもので、ブレブレのトップのもとでも、
当初の方針通りにしっかり役割を果たす者もいる。

ある企業の話だが、マニュアル導入・作成まではトップも熱意を持っていたが、
活用の段階になったら、「しっかり使うように」というお言葉を述べて、
表舞台から身を引いてしまった。熱が冷めた、といった感じである。
「最後まで旗を振ってください」とお願いしていたにもかかわらず、である。
これは困ったと思ったが、事務局をしていた人が動ずることなく
粛々と活用を推し進めた。会社の様々な会議の場で発言を求め、
マニュアル活用の現状の報告と協力を依頼。
また、早く成功事例を出したいと、店舗に集中的にテコ入れに入るなど、
細々ではあるがしっかり活動を続けたのである。そのうちに、成果が出始めた。
すると、社内の見る目が変わってきた。
「マニュアル」にまた光が当たり、注目度が俄然上がってきたのである。

「良かったですね」と声をかけたら、
「何でもウルトラCはありませんよ。地道にコツコツ、ですよ」
と笑って答えてくれた。

地道に、コツコツ。確かに、そうである。
しかし、多くの人は一発逆転の特効薬を求めたがる。
だから、「地道」の重要性はわかっていても、何とか成果を早く出そうと焦る。
この状況を一気に変える魔法の杖を欲しがる。
しかし、しかし、やはり強いのは、粘り強くブレずに一歩一歩進むことだと思う。

「マニュアル」をお手伝いしていて何か問題にぶつかったとき、彼をよく思い出す。
久しぶりに電話をかけたら、「頑張ってまーす!」という元気な声が返ってきた。
「マニュアル」は、こういう人たちに支えられている。
まったく派手さはないが、確実に成果につながっていく。
地道にコツコツ。これは仕事を前に進める、魔法の言葉だと思う。
さぁー、呪文のように唱えながら、今日も頑張ろう!

2016.01.28<No.183>