株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

もう勘弁して!

Posted on 10月 - 11 - 2018

またまた新聞報道を取り上げて恐縮だが、
「ナンパ アカデミー」なんぞという不可思議なセミナー?を運営していた会社が
事件を起こした件である。
この事件より、マニュアル屋さんは「アカデミー」の実態に興味が惹かれた。

この「アカデミー」は、「ナンパの技術」を教えるのが目的に設立されたとのこと。
ナンパの手口や手順をマニュアル化し、初級から上級まで、
実に400ページにわたって事細かく解説をしているらしい。
きちんと製本までされているというから、本格的である。
そのタイトルは、「ナンパ マニュアル」。
いやはや、ホントに、もう勘弁してほしい!である。

これまでは、マニュアルについて、“マニュアル人間”、
“マニュアル依存症候群”、“画一的なサービス”といった取り上げられ方が多かった。
ネガティブではあったけれど、これはこれでそれなりに、うなずける一面があったのも事実。
ところが最近は、「得点操作マニュアル」「詐欺マニュアル」そして、この「ナンパマニュアル」と、
マニュアルのイメージがどんどん悪くなるような見出しがメディアを賑わせている。
これをどう評価すればよいのか。
「マニュアルには、すっごいノウハウが書かれている」
「何かを学ぶ上ではとっても便利」
「マル秘扱いするほど価値がある」
「悪だくみには、マニュアルが必需品」
などと世間様がポジティブに受け入れ始めた証拠である、と喜ぶべきであろうか。
マニュアル屋さんとしては、ちょっと複雑ではあるが……。

先日、知人から「マニュアル塾」を開いてはどうか、と勧められた。しかし、である。
いま開講したら、
「あのう……何マニュアルですか?」
といった問い合わせがバンバンくるのではないか。
「変な、マニュアルではありません」
と但し書きを付けた方がよいだろうか。それとも、開き直って
「詐欺やナンパマニュアルで実証された、マニュアルの威力!」
と謳って、その下に小さく「マニュアル塾」なんぞとした方が受けるのではないか……。

あー、何やってんだマニュアル屋さん! そんな卑屈になってどうする!
雑念に囚われ過ぎ!
しっかり、真面目に「マニュアル」を深掘りしなければ、ダメだ。
そんなこんなで、このところ反省の日々が続いている。

あーぁ、毎日ホントにシンド!

2018.10.11<No.248>