株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

やっと梅雨が明けたと思ったら、驚くほどの猛暑日が続いている。
北海道出身のマニュアル屋さんとしては、この暑さは正直実にしんどい。
なんせ、北海道の家庭の多くはクーラーを持っていない。無くても過ごせるのだ。
それなのに、先日札幌で34.2度を記録した。
「なまら、暑い!」(北海道の方言:物凄く暑い!)
こんな言葉を連発しているのではないかと想像している。
まさに、日本列島全体がヒートアイランドになっているのではないか。

しかし、マニュアル屋さんは仕事柄それほど出歩かない。
ましてや、炎天下で一日中仕事をするといったことは全くない。
だから、工事現場などで汗だくになって働いている人達を見ると、頭が下がる。
どうか熱中症にならないようにと祈るばかりである。

先月、無事「業務マニュアル作成塾」(全4回)が終了した。
約2カ月間、みっちりとマニュアルについて勉強をしてもらった。
個別指導に近い形で実施したので、業務内容もよくわかり、
こちらも様々な刺激を受けた。

受講生の感想の一つに、
「フォーマットの重要性について、よく理解できた」というのがあったが、
きちんと受け止めてくれたことをとてもうれしく思った。
また、マニュアル屋さんの質問によって、
「当たり前だと見過ごしていたことに気づいた」というのもあり、
「自分の当たり前は、他人の当たり前ではない」という
マニュアル作成の基本中の基本を習得してくれたことに、
この塾をやって良かったとあらためて思った次第である。

いずれにしても、初めての個別指導型の「業務マニュアル作成塾」であったが、
得るものはとても多かった。
やはり、集中して実施することのメリットは、大きい。
今後も続けていきたいと思っている。

ところで、今「業務マニュアルの作成」をテーマに、本を執筆している。
このテーマは、正直出版社からは敬遠される。
「クローズマーケットだから、売れない!」というのがその理由だ。
しかし、今回はその「作成」とのガチンコ勝負である。
「これまでの作成に関する集大成の本」として出すつもりだ。
先の受講生にも「新作、期待しています!」と言われたが、
何とか期待に応えられるよう、頑張りたい。

目下の大問題は、「暑さ」対策である。
今いろんなメディアで「暑さ対策マニュアル」なんぞというものを特集している。
残念ながら、これまでこの手のマニュアルを作ったことがない。
いつか機会があれば、チャレンジしたいと思っている。

まずは、気合を入れてこの酷暑を乗り切りらなければ……。

2019.08.08<No.268>