株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

「マニュアル教」の伝道師!?

Posted on 5月 - 12 - 2016

ある企業のトップに言われた。
「マニュアル屋さんは、伝道師ですね。熱い思いを伝えようとしている」

正直、とても嬉しかった。
これまで、「マニュアルって、本当に効果や成果が上がるんですよ」と
色々な機会を利用して熱く語ってきた。ホントにそう思うからだ。
時に口から泡を飛ばして熱弁を振るい、
「マニュアルは万能であるよう聞こえるが、それはおかしい」などと
批判をいただいたこともある。
振り返って思うに、「マニュアル」というものの価値を
社会に認知してもらおうという啓蒙活動、それをまさに実践してきたと言える。

「たかが、マニュアルじゃないですか」
「マニュアルに必要なのは、テクニック」
「マニュアルは、考える力を奪ってしまう」
「金太郎飴みたいな個性のない人間を作り出す」

などなど、こうした偏見や誤解、そして、ネガティブな批判に対し、
「そうじゃない。マニュアルは……」と反論し続けてきた。
かなり、返り血を浴び、傷だらけにもなった。
しかし、今もこうして現役で活動できている。
大げさではなく、いたるところに「マニュアル」のニーズがあるのだ。
それら一つひとつに全力投球をしてきた結果、ある人に言われた。
「新興宗教の布教活動みたい」と。
そう、マニュアル屋さんは、「マニュアル教」の教祖、なのかもしれない。
こんなことを言ったら、また叩かれそうだが、
実際やっていることは似たようなものなのだろう。
どちらも自分が信じているコトやモノは絶対である的な独善とうぬぼれで……。
スイマセン、嘘です、言い過ぎで~す。

ともかく、あるひとつの「価値」を広めようとした時、
いわゆるひとつの“宗教”に限りなく近づいていくのだろうか。
マニュアル屋さんとこでも、以前から「マニュアル教」みたい、
といった言葉が交わされていた。
頭を丸めて袈裟でも着るか。似合いそう、などとアホな会話をした覚えがある。
いずれにせよ、マニュアルの価値を伝えていくということは、
そんなに簡単にできることではない。
やはり、「伝道師」としての自覚と覚悟は必要になると思う。

社員からツッコミが入った。
「布教活動もいいですけど、明日食うコメの心配も……」
「ん? 何言ってるの?」
「米びつが空なんですけど……」
「…………」

そう言えば、冒頭のトップにも言われた。
「ビジネスとしては、あまり成功しませんね。儲けが少ないですから……」
う~ん、納得。感心して、どうする!
自分で自分にツッコミを入れて、ホントにどうする……。

あーぁ、毎日ホントにシンド!

2016.05.12<No.190>