株式会社クオーレ

マニュアルの作成・活用・改訂

「マニュアル作成塾」開講!

Posted on 5月 - 30 - 2019

令和元年のこの5月、「業務マニュアル作成塾」を開講した。
「ようやく」と言おうか、「ついに」と言おうか、とにかく初めての試みである。

これまで、マニュアル屋さんとこが主催したセミナーなどの類いは数あれど、
そのほとんどはその時々にフイットしたテーマを選んで開催していた。
たとえば、
・新入社員教育実践マニュアル活用
・早期戦力化に最適! 今すぐできるハンドブックの作成・活用術
・チェーン本部・SV・店長必見! マニュアルの質でパート・アルバイトの活力が変わる
・作成・活用・改訂を伝授! 効果的なマニュアルの考え方と作成
・マニュアルが営業力をアップする! 営業マンのOJTに効果的なマニュアル活用
などなど。
どでかいファイルに、これらの資料がぎっしりと保存されている。
「保存」という言葉を使ったのは、この3年ほど“自社主催”のセミナーを行っていないからだ。

そんなわけで、久々の主催、である。
今回は「作成」にテーマを絞り、約2カ月間で4回連続、少人数、という形での実施である。
マニュアル屋の旗を掲げて10数年になるが、初めて「塾」としてお披露目することになった。
なぜ「塾」にしたかというと、個別に指導する意味合いを強く出したいと思ったからである。
このお披露目に向けて、これまで講演会や勉強会で使用した資料、
あるいは著作をもう一度見直し、「塾」用に再構成した。
“飽きっぽいマニュアル屋さん”としては珍しく気合を入れた。

実は、ある企業のトップの一言が、
面倒くさがり屋のマニュアル屋さんの背中を押したのである。
「“作成”を集中的に学べる、“塾”みたいなものができませんか?」
ここからこの企画は始まったのだが、開講までに6カ月間もかかってしまった。
すぐにできそうな気がしていたが、いざ準備を始めると、
あれも入れたい、これも入れなければと、
4回どころか倍の8回でも終わらないようなボリュームになってしまった。
今度は削る作業をする……。
そんなわけで、“ようやく”開講にこぎ着けたわけである。

今にして思えば、もっと早く取り組んでもよさそうな企画だが、
なぜか10年以上もの時間がかかってしまった。
何事にもタイミングやきっかけというものがあるが、
「塾」の開講はいまがそのタイミングなのだろう。
そういう意味では、まさに満を持しての登壇である。
初めての試みなので、まだまだ手探り状態ではあるが、なんとか最後まで完走したい。

塾頭としては、塾生に満足してもらう講義を、マニュアルに対する熱い思いを、
しっかり届けたいと心から願っている。

2019.05.30<No.263>